びあけん1級対策委員会

日本ビール検定1級合格対策のための委員会

第4回 日本ビール検定 1級 試験 022の解説

022

 

日本初のビアガーデンに関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

日本初のビアガーデンは

1875年(明治8)に開業している。

場所は横浜山手121番

開業したのは、ウィリアム・コープランドである。

トーマス・グラバー

  馬越 恭平

  村橋 久成は間違いX

 

 

補足

さてさて、

この問題結構ビールを知ってると厄介な問題。

単純にテキストだけで答えた方が当たる。

 

日本初のビアガーデンは

ウィリアム・コープランド

スプリングブルワリー1875年(明8)

 

日本初のビアホールという名前の店舗は

日本麦酒醸造会社の1899年(明32)8月4日

この日がビアホールの日となる。

 

ここで困ったのがアサヒ軒

元々ビアホールという名前ではないが、

同じ形態の店舗であり、アサヒの歴史でも

ビアホールと名乗っている・・・・・・

創業は1897年(明30)なのだが

元々ビアホールという名前ではないので

ビアホールの初ではないという解釈をする。

 

ビアホールは恵比寿ビールBeer Hallからの

造語なのです。(インチキ和製外国語)

 

もうひとつ大事なビアガーデン。

ビアガーデンのイメージといえば屋上。

屋上ビアガーデンの初は

ニュートーキヨー1953年(昭28)

大阪第一生命ビルという。

 

いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

ねぇ。ビアガーデンといったら、屋上でドンチャン騒ぎで、ネクタイを頭に巻いた夏のサラリーマンとビアジョッキが思い浮かびますよね。んー、今やサザエさんの世界だけの話?(笑)

 

参考文献

『とりあえず、ビール! 続・酒と酒場の耳学問』 端田晶 講談社

歴史・沿革 | 企業情報 | アサヒグループホールディングス

大阪・堺特集|アサヒビール

銀座ライオン 会社概要 歴史・沿革

 

関連問題