びあけん1級対策委員会

日本ビール検定1級合格対策のための委員会

第2回 日本ビール検定 1級 試験 011の解説

 

011

 

IPA is Dead 2013」に関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

BREW DOG社から発売された、IPA is Dead は

2011~2015まで1年事にシングルホップで

各4種発売していた。

 

この問題では2013年のホップについてで

2013では

エルドラド(アメリカ)

ゴールディング(イギリス)

ワイメア(ニュージーランド

ダナ(スロベニア

 の4種類が発売されていた。

→ ギャラクシー(オーストラリア)は間違いX

 

補足

ついでに調べた2011~2015のホップも載せておく

 

2011

シトラ(アメリカ)

ブラムリング クロス(イギリス)

→ Bramling Cross or Bramling X

ネルソンソーヴィン(ニュージーランド

ソラチエース(日本)

 

2012

チャレンジャー(イギリス)

ギャラクシー(オーストラリア)

モトエカ(ニュージーランド

HBC(-)

 

2013

エルドラド(アメリカ)

ゴールディング(イギリス)

ワイメア(ニュージーランド

ダナ(スロベニア

 

2014

アマリロ(アメリカ)

EXP366(アメリカ)

コハツ(ニュージーランド

コメット(ドイツ)

 

2015

チヌーク(アメリカ)

イオニア(イギリス)

エラ(オーストラリア)

マンダリーナ・バーバリア(ドイツ)

 

とここで終わりと思いきや、

2016年5月からは「エース オブ」シリーズが始まる。

 セッションIPA でABVで4.5 %という

 

第1弾 シムコー

 2弾 チヌーク

 3弾 シトラ

 4弾 エキノックス

全部 (アメリカ)

2019.05.11現在では以上

 

  @いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

EXP366って何よ? なんなのよ? ちゃんと調べなきゃ。

何なんだろ~? 

 

  参考文献

whisk-e.co.jp

 

第2回 日本ビール検定 1級 試験 010の解説

010

 

小便小僧に関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

ベルギービールランビック

有名な銘柄のラベルに小便小僧が描かれている。

 

それはもう決まりきっていて

カンティヨン・グースである。

→ ブーン・クリーク、

  リンデマンス・カシス、

  デ カム・オード グースは間違いX

 

補足

ちなみにだ、

ベルギービールには小便小僧を描いたラベルの

有名銘柄はもうひとつある。

 

ブロンシュ・ド・ブリュッセルだ。

スタイルはベルジャンホワイトなので

カンティヨン・グースとは違う。

醸造所は

 ルフェーブル醸造

 

そのうち、

 びあけんが「過去問対策」の対策で

 出してきそうな気がする。

 

関連したないようは一緒に覚えるて

くっ付けるのが記憶に良い。

 

  @いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

小便小僧といえばベルギー。僕の中では、サントリーのスポーツドリンクの「ダ・カ・ラ」を思い出してしまう・・・・・・

 

  参考文献

 『ベルギービールの向こう側』 滝沢健二 株式会社ワイン王国

雑誌『Pen』 No.410 2016年8月1日 第20巻14号

 

第2回 日本ビール検定 1級 試験 009の解説

009

 

ビールの仕込に関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

選択肢1

インフュージョン法で黒ビールを

仕込むことはできる、良い。

 

選択肢2

麦芽は細かく粉砕した方がエキス収率は上がる

しかし、麦汁ろ過に時間がかかる、良い。

 

選択肢3

麦汁煮沸では煮沸開始だけでなく

終了直前に行うこともある、良い。

→ レイトホップ

 

選択肢4

麦汁ろ過では、一切酵素の反応が起きないように

温度管理を徹底? は間違いX

 

正しくは

前の工程の糖化で90 ℃前後に煮沸しているため

その時点で大体の酵素は失活している。

なので麦汁ろ過中は温度管理は行わない。

ただ麦芽の残りから麦汁をろ過するだけである。

 

補足

 糖化工程には大きく分けると2つの方法があり

インフュージョン方式とデコクション方式がある。

デコクション方式にはまた種類があるが

詳しくは別問題で。

各々、使用方法の場合分け問題が出るが、

それが難しい。技術的な本は少ないから

特徴についての知識がかなり手に入らない。

 

ホップの添加方法には固有の名称があるものがあり、

 レイトホップ

 ディップホップ

 ドライホッピングとある。

これも詳しくは別問題で。

 

あとでリンクを貼ると思う。(忘れていなければ)

 

  @いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

麦汁ろ過したてあまあまの麦汁って(ホップを添加してないヤツ)、なんか味見してみたい。それぞれの銘柄の麦汁をきき麦汁をしてみたい、いいんちょーなのです。

 

 

 

 

第2回 日本ビール検定 1級 試験 008の解説

008

 

麦汁100 %のビールに関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

ギネス・エクストラスタウト

麦芽・ホップ・大麦

ギネス エクストラスタウト|ビール・発泡酒・新ジャンル|商品情報|キリン

なので違うX

 

 

オルヴァル

マチルドの泉の水、モルト、ホップ、キャンディーシュガー

オルヴァル 330ml 【ベルギービールJapan】

なので違うX

・・・・・・ん?

マチルドの泉の水って

言葉の威力というか衝撃強い。

 

キリン・一番搾り

麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ

一番搾り|ビール・発泡酒・新ジャンル|商品情報|キリン

これは良い。

 

アンカースチームビア

麦芽、ホップ

アンカースチーム | アンカー | 輸入開発商品 | 商品開発〜商品のご紹介〜 | 三井食品株式会社

これも良い。

 

さて試験での回答は

2つを選択するのである。

 

この問題の意味としては

ちゃんとスタイルがわかっているか

というところだと思う。

 

最初はギネス

スタウトはローストバーレイ(焦した麦)

を使うため麦芽ではないことを見抜けるか。

 

続いてオルヴァル

トラピストビール

瓶内2次発酵に砂糖を使う。

オルヴァルではキャンディーシュガー

となっている。

 

 3つめは一番搾り

これは国内のメジャービールを

知っているかどうかである。

 

4つめアンカースチームビア

これは難しい。勘でしかない。無理。

何となく麦芽のみだろうとしか

判断できなかった。

 

補足

 

珍しく問題批判をしたいところである。

この問題は問題問題だ(笑)

スチームに関しては、麦芽100 %である根拠を探し出すには難しい。ビール慣れした人なら何となくそうだろうと予測できるも、根拠が薄い問題は充てるのが難しい。時間との勝負もあるのでやめて欲しい。問題として駄作。

 

  @いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

 

オルヴァルのマチュルド伝説大好きです。解説は今度。でも、なんで鱒が伝説の内容に選ばれたんだろう・・・・・・ 

疑問は尽きない。 

 

第2回 日本ビール検定 1級 試験 007の解説

007

 

第9回ワールドビアカップ箕面ビールに関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

ビールにはその出来栄えを審査する大会が

様々な国々で開かれている。

 

その中でも、大きな大会のひとつとして

Brewers Associationが主催する、

ワールドビアカップがある。

 

第9回ワールドビアカップでは

箕面ビールのブランド

 ゆずホ和イトが金賞を受賞した。

→国産桃ヴァイツェンカベルネ、おさるIPAは間違いX

 

ゆずホ和イトは

 ベルジャンホワイトというスタイルを

 アレンジしたビールで、

 通常キュラソー島産のオレンジピールが使われるところ

 ゆずピールを使用している。 

 

ベルジャンホワイトの説明はまた別で。

 

補足

 さてさて、ビールの有名な大会はいくつかあるので載せておく!

 

IBA(イギリス)

インターナショナル・ブルワリング・アワード

 

EBS(ドイツ)

ヨーロピアン・ビア・スター

 

WBCアメリカ)

ワールド・ビア・カップ 

→ 2年に1度 偶数年

 

AIBA(オーストラリア)

オーストラリアン・インターナショナル・ビア・アワード

 

日本では

IBC

インターナショナル・ビア・カップ

 

JAPAN BREWERS CUP

ジャパンブルワーズカップ 

 

解説は個々の問題が出たら詳しく紹介!

リンクをその時貼る・・・・・・(たぶん)

 

  @いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

箕面ビールってどうしても、「みのう」って読んでしまいます。

本当は「みのお」です。変換するときにいつもアレアレでない?ってなります

 

 

参考文献

大阪・箕面(みのお)で生まれた地ビール 箕面ビール ::: MINOH BEER

今さらだけど、世界が認めた『ヒューガルデン』ってどんなビール? | ビール女子

全米No1クラフトビール|BLUE MOON(ブルームーン)

 

 

 

第2回 日本ビール検定 1級 試験 006の解説

006

 

ビールの発酵に関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

酵母は単純に小さい糖から食べる。

ということで、ビールで使われる主な糖を

大きさ順で知る必要がある・・・・・・

 

単糖の一種(糖同士の結合がない糖)

 グルコースブドウ糖

フルクトース = 果糖

ガラクトース = (?別称わからない)

 

ニ糖

マルトース = 麦芽糖     → グルコース × グルコース

スクロース = ショ糖 = 砂糖   → グルコース × フルクトース

ラクトース = 乳糖      → グルコース × ガラクトース

 

三糖

トリマルトース → グルコース × グルコース × グルコース

 

適糖(単糖より大きく、アミロースとアミロペクチン以下)

デキストリン

 ※適糖は冗談なので間に受けないで下さい・・・・・・

 

大きさではこの順番になり、

仕込での麦汁内では、グルコースブドウ糖)が

最初の段階で利用される。

 

単糖類がなくなった後、

マルトース(麦芽糖)など少し大きい糖が

食べられて行く。

 

ここで作っておきたいイメージは

酵母は口が小さいというイメージだ。

(実際口なんかないが・・・・・・)

 

酵母は三糖、

マルトトリオースまでしか使えない。

 

四糖、五糖~

デキストリンアミロース、アミロペクチン

大きすぎで食べれない。誰かが切ってあげないと、

食べてくれない子どもみたいなヤツだ。

 

酵母が一生懸命なのは麦汁に入れられてすぐではない。

実は3日後なのだ。なぜだろう・・・・・・

(引っ越ししてすぐは、お疲れなのか?)

酵母が麦汁に添加された直後は間違いX

 

デキストリン、タンパク質はコクに関係、良い。

 

ちなみに

デキストリン食品添加物等でも良く使われる。

コーンスープとかコーヒーとかデキストリン

食品の成分表示に書いてあるのが良くみられる。

 

ジアセチルは後発酵で酵母に取り込まれる、良い。

  

補足

仕込での麦芽から糖への分解方法は、仕込の問題解説を作成した段階でリンクをここの文の下につなげておこうと思う。(※わすれていなければ)

 

  @いいんちょーの今日の「ひとこと」

やっぱり、ジアセチルよりもダイアセチル派のいいんちょーです。

びあけんは、記述でジアセチルが答えの時、ダイアセチルで書いてもたぶん正解します。とはいえ、テキストとびあけん自体の製作側の認知はジアセチル派の様なので、余計な心配をしたくない場合、ジアセチルで覚えた方が無難だったりします。ダイアセチルにこだわるうるさい僕(笑)

 

 

参考文献

『発酵 ― ミクロの巨人たちの神秘』 小泉武夫 中央公論新社

『糖鎖のはなし』 平林淳 日刊工業新聞

 

第2回 日本ビール検定 1級 試験 005の解説

005


エンゲルスツェル修道院に関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

エンゲルスツェル修道院

 2012年トラピストビールに認定される。

 8番目のトラピストビールである。

さて、国は?

 オーストリアである。

→ オランダ、ベルギー、フランスは間違いX

 

補足

国際トラピスト協会に入ってる教会で

ビールを販売するのは現在14ヶ所という

 

しかし、よくよく調べると

トラピストビールに認定されているのが

確かなのはその中の11醸造所といえる。

 

トラピストビールと名乗るには、

3条件クリアする必要がある

(3醸造所はどれか合致していない?)

 

1. 修道士が自ら醸造するか、

   修道士の監督のもとで醸造されたものであること

 

2. 修道院の敷地内の醸造所でつくられていること

 

3. 営利目的ではなく、ビール販売の収益は

  修道院の運営やメンテナンスに充て

  残りは慈善団体に寄付すること

 

略すと、(これで覚えるといい)

 修道院主導、敷地内、非営利目的である。

 

2019年5月現在では

オルヴァル修道院 (1500年醸造開始?)

 ベルギー 銘柄 オルヴァル

 

サン・レミ修道院 (1595年醸造開始)

 ベルギー 銘柄 ロッシュフォール

 

聖心ノートルダム修道院 (1836年醸造開始)

 ベルギー 銘柄 ウエストマール

 

アヘル修道院 (1850年醸造開始)

(ベネジクトゥス修道院

 ベルギー 銘柄 アヘル

 

スクールモン修道院 (1862年醸造開始)

 ベルギー 銘柄 シメイ

 

コニングスホーヴェン修道院 (1884年醸造開始)

 オランダ 銘柄 ラ・トラップ(2005年に再登録)

 

一旦ここで区切る。

 ここまでが歴史ある古めの修道院

別でここ数年に登録された修道院を覚える。

 

2012年認定

スティフト・エンゲルスツェル修道院

 オーストリア 銘柄 グレゴリアス

(1590年醸造開始)かなり古い醸造所じゃねか!

 

2013年認定

アブダイ・マリア・トゥーフルフト修道院

 オランダ 銘柄 ズンデルト

 

2013年認定

セントジョゼフ修道院

 アメリカ 銘柄 スペンサー

 

2015年認定

トレフォンターネ修道院

 イタリア 銘柄 トレフォンターネ 

 

 

ここが厄介

トラピスト修道院だけど、

トラピストビールではない?ビール

 

注意その1

モンデカ修道院

 フランス 銘柄  モンデカ

 

注意その2

サン・ペドロ・カルデーニャ修道院

 スペイン 銘柄  カデルーニャ?

 

注意その3(一応覚えといて)

2018年認定?

マウント・セント・ベルナルド修道院

 イギリス 銘柄  ティント・メドー

国際トラピスト協会のサイトには

認定マークが記載されていない・・・・・・

News | 小西ベルギービールホームページへようこそ - The Konishi Belgian Beer Site

これを間に受けるのはX

 

Brewery News(マウント・セント・ベルナルド修道院の醸造所ニュース)

切望されている「本物のトラピスト商品」の指定はまだ受けていません。それが時間の問題となることを願っています。とマント・セント・ベルナルド修道院の2018年4月10日の醸造所ニュースをgoogleで翻訳すると読める。

2018年7月時点でどうなっているか。醸造所ニュースに記載がないことと国際トラピスト協会のサイトにトラピスト認定マークがないことを考えるとまだ、トラピストビールではないと判断。今後に期待。

 

 @いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

いや、しんどい。トラピストビールについては、1次情報が外国語だから1ミリも読めないので本当に正しいことがわからない。日本語サイトに踊らされているいいんちょー。ちょっとキツイものに手を出してしまった感が否めない。とはいえ、国際トラピスト協会加盟の教会で作るビールと認定されているトラピストビールの状況を知ることができていい機会でした。

 

 

参考文献

 スペイン初のトラピストビールがもうすぐ | CRAFT DRINKS

Internationale Vereniging Trappist - Producten(国際トラピスト協会 ビールの項目)

新しいトラピスト | ランビックなどベルギービールの大月酒店