びあけん1級対策委員会

日本ビール検定1級合格対策のための委員会

第3回 日本ビール検定 1級 試験 004の解説

004

 

ビールの副原料に関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

米やコーンスターチは副原料として

用いることができ、デンプンの含有率が高い。

そのため麦汁の濃度調整に使われる。

→ ビールの貯蔵が長くなる、ろ過性が悪化するは間違いX

 

使用すると、色が薄くすっきりした

味わいのビールになる、良い。

(使う量にもよらないか?)

 

(2014年の時点)当時は・・・・・・

日本の酒税法上、ビール製造には

副原料の使用は、麦芽の重量の

1/2以下でなければいけない、良い。

 

日本の酒税法上、副原料は

「麦その他の政令で定める物品」と

している、良い。

 

 

補足

 

2018年4月に副原料の使用の

法律が改正になっている。

 

そのため、第3回の試験と

現在の酒税法の考え方が違うことに

注意が必要だ。

 

過去問題に挑戦する際は、

時代の変化に気を付けなくては

ならないが、今後こういう変化に

ついての問題が出るかもしれないから

2018年くらいは覚えても良いかもしれない。

 

いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

 法令問題は普段使わない言い回しのせいで、疲れるのと、具体性がわかりにくいなぁと思うのね。勘違いが発生しやすい問題が多い。実際何問か解いてみて、自身の認識とのズレを少しずつ修正するのが良い。

 

参考文献

 

 

 

第3回 日本ビール検定 1級 試験 003の解説

003

 

ビールメーカーの発祥地の組み合わせに関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

 ミラーはウィスコンシン州ミルウォーキー発祥

 

カールスバーグコペンハーゲン発祥

デンマークの首都で覚えやすい)

 → ストックホルムは間違いX

 

ギネスはダブリン発祥

アイルランドの首都)

→ ロンドンは間違いX

 

バドワイザーミズーリセントルイス発祥

→ ヒューストン(テキサス州)は間違いX

 

 

補足

 ミュンヘン、札幌、ミルウォーキー

ミルウォーキーといえば、上のCMの話を

思い出してしまう。

 

サッポロビールのCMで、

美味しいビールが造られる都市は

近い緯度にあることを

表現しているという話を聞いた。

(本当かなぁ~?)

 

外国の有名ビールくらいは発祥の

地を確認しておく必要がありそうだ。

 

まずはMBC

バドワイザーは上記を確認

ミラ―も上記を確認

クアーズ

コロラド州ゴールデン発祥

 

ギネスも上記を確認

 

バスペールエール

イングランド、バートン・オン・トレント発祥

 

ブリュードッグ

スコットランドフレイザーバラ発祥

 

ピルスナーウルケル

チェコピルゼン発祥

 

カールスバーグも上記を確認

 

ハイネケン

オランダ、アムステルダム

 

いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

 この問題ってよく見ると、アメリカ以外のところは地理を多少知っていれば違うなーってわかる気がするんだけど、まぁ、ギネスをイギリスのビールと勘違いしてる場合があるか・・・・・・ アメリカの州と町は覚えられないなぁ、多すぎて。もし問題で出たならわからない場合、ダメ元で早く回答した方が良いと僕は思う。

 

参考文献

『みんなで乾杯! ビールを楽しむ本』 T&T情報センター 1985年 新潮文庫

『ビールの世界史こぼれ話』 端田晶 2013年 ジョルダン株式会社

 

 

第3回 日本ビール検定 1級 試験 002の解説

002

 

ビールブランドとメーカーの組み合わせに関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

 

ブランド ハーヴェスト・ムーンは

イクスピアリ

 

ブランド 志賀高原ビールは

玉村本店

 

ブランド 金しゃちビールは

ワダカン (現在は盛田金しゃちビール株式会社)

 

ブランド ベアードビールは

ベアードブルーイング

修善寺ブルーイングは間違いX

 

 

補足

 ブランド名と、

製造する会社の名前が違うビールは多い。

有名なクラフトビールブランドは

どうなのか確認してみる。

 

銀河高原ビール

銀河高原ビールで同じ。

 

いわて蔵ビールは

世嬉の一酒造

 

常陸野ネストビールは

木内酒造

 

COEDOは

コエドブルワリーで同じ。

 

スワンレイクビールは

瓢湖屋敷の杜ブルワリー

 

エチゴビール

エチゴビール

 

志賀高原ビールは

玉村本店

 

ヤッホーブルーイングはそのまま。

 

富士桜高原ビールは

富士桜高原ビールで同じ。

 

アウトサイダーブルーイングはそのまま。

 

伊勢角屋麦酒は

角屋本店

 

箕面ビールは

箕面ビールで同じ。

 

大山Gビールは

久米桜酒造

 

ビアへるんは

島根ビール ビアへるん

 

宮崎ひでじビールは

宮崎ひでじビールで同じ。

 

とりあえずこのくらいにしておく。

 

いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

ブランドが有名になりすぎて、社名が全く出てこない会社ってありますよね。え?コレって会社名じゃないのってよく言われちゃうのさ。僕の立場からは何も言えねぇ。

 

参考文献

『日本のクラフトビールのすべて』 マーク・メリ (熊谷陣屋、德畑謙二 訳)

2016年 株式会社Bright Wave Media

 

 

 

 

第3回 日本ビール検定 1級 試験 001の解説

001

 

日本4大ビールブランドに関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

 

日本4大ビールブランドでは、

開拓使麦酒が1876年創業

サッポロビールが1877年発売

(わずか1年で売るってずげーな)

 

麒麟麦酒の改称前の

ジャパン・ブルワリー・カンパニーが1885年創業

キリンビール1888年発売

 

日本麦酒醸造会社が1887年創業

エビスビールが1890年発売

 

大阪麦酒会社が1889年創業

アサヒビールが1892年発売

 

そのため

サッポロビール

キリンビール

→ エビスビール

アサヒビールの順である。

 

 

補足

4大ビールブランドに関しては、

販売順を覚えるイメージが必要だ。

開拓使麦酒は官営の醸造所のため、

早い段階の創業だと覚える。

1876年はビール史では出来事が

多い年なので覚えた方が良い。

8→ 7→ 6と覚えやすい。

 

キリンビールの発売は

1888年で8並びで覚えやすい。

実はキリン、エビス、アサヒは

全て2年差で創業、ビールの発売。

 

キリン 1885年創業 1888年販売

エビス 1887年創業 1890年販売

アサヒ 1889年創業 1892年販売

 

キリンさえ覚えてしまえば、

後は2年おきでいい。

 

また、エビスビール発売は1890年で

覚えやすい。

 

スーパードライでイメージの強い

アサヒは1番若いイメージがいい。

意外と小技は役に立つ。

 

 

いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

キリンさんが好きです、でも伊勢角はもーっと好きです。

 

 

第2回 日本ビール検定 1級 試験 051~053の解説

051~053

 

穴埋めと論述の問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

 

051~053の問題については解かない。

 

051

 穴埋め問題で、糖化について

テキストを読めばわかる。

 

052

穴埋め問題で、

テキストの渡米目録と化学新書に

ついて読めばわかる。

 

053

美味しくビールを飲むために

 温度、料理、グラス、泡について、

160~200文字で書けばよい。

 

 補足

論述は指定の文字数で、単語をいれて

まともな文章であれば20点取れるはずだ。

 

 

  @いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

論述は笑える文を書くことを心がけようと思います。

 

 参考文献

 

 

第2回 日本ビール検定 1級 試験 041~050の解説

041~050

 

記述の問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

 

 最後に

041~050の問題について解いていく。

 

041

グルート

秘密の配合らしく、文献がほとんど

残っていないという。

主に、ヤチヤナギ、アニス、フェンネルコリアンダー

セイヨウノコギリソウなどという。

 

042

答えは3つあり、記述はどれかひとつで良い。

清澄、ダイアセチルの分解、アルコールの生成

 

後発酵の役割は他にも、

香味の熟成と炭酸ガスの溶解がある。

 

043

タンパク質の分解

糖化工程において、プロテアーゼが

最も活動的になる50 ℃で保持する

工程がる。

 

034

欧和

ベルギーで醸造している

今井礼欧のブランド。

 

045

ドライホッピング

発酵工程以降にホップを投入する手法。

 

046

ヴァイエンシュテファン

現存する世界最古の醸造

 

047

ブルッフ

煮沸工程にてホップのポリフェノール

タンパク質が結合してできるコロイド。

 

048

ファロ

ランビックに糖を加えるビール。

 

049

ジアセチル(ダイアセチル)

バター臭の原因となる、

 

050

村上春樹

風の歌を聴け』の作者

 

 

 補足

グルートの材料は様々な説があり、

キュンメル、パセリ、クルミの実、ニガヨモギ、カキドオシ、

サルビア、イソツツジマンネンロウ、ネズの実、ショウガ、

マンダラゲ、ヒヨス、ベラドンナなどといわれている。

もう、なんでもありじゃないか?

 

欧和については、

『THE JAPAN BEER TIMES No.20 AUTUMN'14』に

詳しく載っている、1度飲んでみたいなぁ。

 

最古の系の問題は注意が必要だ。

現存する世界最古の修道院醸造所は

ヴェルテンブルガーだし、

現存する最古の醸造所は

ヴァイエンシュテファンである。

ヴァイエンシュテファンは

元々、修道院であったが、現在は醸造所と

ミュンヘン工科大学となっているため、

修道院ではない。

 

 ファロは1度飲んでみた方が良い。

リンデマンスのファロが手に

入りやすいと思われる。

 

  @いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

僕は試験では絶対ダイアセチルで書くよ。ダイアセチル派んだなぁ。ちなみにタンパク質って蛋白質ってかいたらちゃんと点数くれるのかなぁ? 採点間違わないかなぁ?(笑) ファロは好きだー!

 

 参考文献

 『ビール世界史紀行 ―ビール通のための15章』 村上満 ちくま文庫

『THE JAPAN BEER TIMES』 No.20 AUTUMN'14

 

 

第2回 日本ビール検定 1級 試験 031~040の解説

031~040

 

残る20問は記述の問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

 

 ひとまず、

031~040の問題について解いていく。

 

031

ホップは

アサ科のセイヨウカラハナソウ属ホップ種である。

昔の分類ではクワ科と載っていたりするが、

現在はアサ科であり、

びあけんでもアサ科をとっている。

 

032

ハンザ同盟

12世紀~15世紀、北ドイツの都市の

(アインベック、ブレーメンハンブルク、ケルンなど) 

手工業の互助組合。

 

033

ブルームーン

伝統的なベルジャン・ホワイトではオレンジに

キュラソー産オレンジを使うが、

ブルームーンではバレンシアオレンジ

使っているのが特徴。

 

034

サミュエル・アダムス

ボストンビール社のブランド名。

 

035

インディアペールエール

IPAの正式名称。

 

036

バス・ペールエール

イギリスの第1号登録商標のビールブランド。

 

037

パイントグラス

イギリスでは568 mlのグラス。

 

038

ラ・トラップ

コニングスホーヴェン修道院

ビールブランド。

 

039

6 kl

発泡酒の製造免許を取得するために

必要な年間最低製造数量。

 

040

シュパーテン醸造

メルツェンの開発

アンモニア冷凍機の使用

下面発酵ビールの製法確立した醸造所。

 

 

 補足

問題出題において、

034の問題で、「アメリカ第2代大統領の弟」と

出題されているが、サミュエル・アダムスは、

第2代大統領のジョン・アダムスの

従兄弟であり弟ではない・・・・・・

作成者の間違いだと思われる。

 

パイントグラスには

イギリス(ユナイデッドキングダム)の

UKパイントが568 ,ml

アメリカ(USA)の

USパイントが473 mlという違いがある。

 

僕はゴロ八と椎名さんという

謎の言葉で覚えている。

 

日本では店によって違い、

ビール屋さんに行ったら、

どっちのパイントか確認するといい。

僕には568 mlは多い・・・・・・

 

  @いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

うむむむ、問題製作の人たちはどうやって情報を集めているのだろうか。

正確な情報を得るのはすっごく難しい。

 

 参考文献

 『ビール世界史紀行 ―ビール通のための15章』 村上満 ちくま文庫