びあけん1級対策委員会

日本ビール検定1級合格のための対策委員会

第7回 日本ビール検定 1級 試験 025の解説

025

 

フランスに関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

 

クエンチ、ブロピーノ、アバロンは、

ドイツの主要な大麦品種である。

→ フランスは間違いX

 

ルイ・パスツールは、ワインの

低温殺菌法をビールでも応用できると

発表、良い。

 

1900年のパリ万博では、

日本のアサヒ、エビス、カブトの

三銘柄が金牌、良い。

 

現在(2018年当時)

クローネンブルグ醸造所は

カールスバーグが所有、良い。

 

 

補足

テキストに載っている部分だが、

これはさすがに覚えていない。

フランスの大麦の品種もテキストに

載っていたけれど。

 

セバスチャン

イリーナ

プラネットの3つである。

なんかイメージしにくいし、

覚えにくい。何かコツを考えないと

いけないようだ。

 

もともと、低温殺菌はパスツール

ワインの保存方法として依頼され、

研究していたという。

それをビールに応用した形で、

ビールも長持ちすることを発見した。

 

1900年のパリ万博

1904年のセントルイス万博で

エビスビールが金牌とグランプリだったのは

記憶してる人は多い。

 

テキストにはパリ万博で

日本のビールが3銘柄入賞したことは

記載されていない。

 

何に記載されているかというと、

『ぷはっとうまい日本のビール面白ヒストリー』 端田晶 小学館

である。しかし、ビールの銘柄は

恵比寿ビール、アサヒビール、マルサンビールと

なっている。この記載はたぶん間違いで、

実際この時点ではもうカブトビールに

変更になっている。(1899年カブトビールに)

 

そのため、

第7回 日本ビール検定 1級の

025 の記載のカブトの方が正しい。

(細かい話だが、まずまず重要)

 

カールスバーグとクローネンブルグの

関係はやや面倒な面がある。

 

カールバーグは日本のビールでは

古くから、サントリー系列の会社に

関係がある。

ビール醸造の技術をサントリー

最も参考にしたのはカールスバーグ社である。

 

ライセンスでカールスバーグを製造している

のも当然サントリー

 

ところが、クローネンブルグを所持している

会社は2019年現在、カールスバーグ社だ。

だが、日本でクローネンブルグの販売の権利は

サッポロビールが獲得している・・・・・・

 

ブランドは今だ、カールスバーグ社が

保有していることが、サッポロビール

ニュースリリースから判断できる。

www.sapporobeer.jp

 

この流れは僕にも謎である。

 

いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

いつかは、フランスのビールに関する問題はでるだろうなぁとは思っていたけど、まぁ、難しい。まだ、現在のフランスクラフトビール事情の方が簡単ではないだろうか・・・・・・

 

参考文献

 『ぷはっとうまい日本のビール面白ヒストリー』 端田晶 小学館

www.pasco-sc.fun

 

関連問題

第3回 日本ビール検定 1級 試験 013の解説 - びあけん1級対策委員会

 

 

第7回 日本ビール検定 1級 試験 024の解説

024

 

メイフラワー号に関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

 

安全のために、飲料水の代わりとして

400樽のビールが積み込まれていたが、

到着時には底をついていたという。

→  ビールを積まずに出航したので

  船長に対して反乱を起こした

  は間違いX

→ 大西洋の真ん中でビールを飲み尽くし、

  後半は禁酒したは間違いX

 

入植者らは最初に錨をおろした場所で

上陸して雪で覆われた周辺を探検。

→ 上陸直後にビールを醸造したは間違いX

 

 

補足

当時、ビールは安全な飲み物として

重要なため、船に積んでいない訳がない

のである。また、栄養補給としても

必要であった。

 

さてさてさて、

この件は僕の力不足である。

日本ビール検定 公式過去問題集 2019年版』

監修・発行 一般社団法人 日本ビール文化研究会

には、この問題の根拠となる書籍が

記されている。

エドワード・ウィンスロー

「モートの関係」だという。

 

いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

くくくくく、また問題集の解説にお世話になってしまった。まだまだ、修行が足りませんなぁ。解説にはもっとためになるお言葉が記されているのですが、すべては載せられないので、気になる方は、お求めに。(ステマかっ、笑?)

 

参考文献

雑誌『ビールの基本ブック』 美術出版社

メイフラワー号 - Wikipedia

 

関連問題

 

 

第7回 日本ビール検定 1級 試験 023の解説

023

 

獅子に関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

 

ヴァイエンシュテファンの

クリスタルヴァイスビア

ラベルに獅子が描かれている。

 

シンハー ラガービール

ラベルに獅子が描かれている。

 

サントリー

ザ・プレミアム・モルツ

描かれていない。

 

常陸野ネストビールの

ホワイトエールは

描かれていない。

 

2つが該当。

 

(内容に該当するものが

いくつあるか選択する問題。)

 

 

補足

シンハーを調べていたら、

別の件を見つけてしまった・・・・・・

シンハービール SINGHA BEER – 1933年から愛されている、大麦モルトを使用した、高品質なワールドクラスのプレミアムビールです。

 

www.ssnp.co.jp

 

あれ?

シンハーってブランドサイトなんて

あったかなぁと思ったら、いつの間にか、

モルソン・クアーズ・ジャパンが

販売権を取得していたという。

 

では、その前はどこだったかなぁ

と思ったら、池光エンタープライズ

これは試験にでない気がするが、

モルソン・クアーズの方はでそうだなぁ。

 

さて閑話休題

ドイツビールはわりと、獅子を

ラベルマークに使っているイメージがある。

 

他には

レーベンブロイ

ケストリッツァー

プランク

 

シンハー

シンはタイの獅子を意味している。

 

いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

シンハーのTシャツを着ている人を街中で見かけたんです。いいなー、とか思いながら、でもこのシャツ、なんのシャツか知って着ているのかなぁ? と、ふと疑問に思いました。そんな今日この頃。

 

参考文献

食品産業新聞社ニュースWEB

池光エンタープライズ 世界のおいしいお酒、輸入ビールを探し続けます。

 

関連問題

 

 

第7回 日本ビール検定 1級 試験 022の解説

022

 

製造工程に関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

 

インフュージョン法では、

仕込釜は用いない、良い。

 

麦汁ろ過の際、第二麦汁は

第一麦汁よりpH値が高くなる。

→ pH値が低くなるは間違いX

 

珪藻土は、ビールろ過の際に

ケークとして用いられる、良い。

 

麦芽、ホップ及び水を原料として

発酵させたものにさらにホップを

加えて発酵させた場合、

ビールに該当する場合がある、良い。

 

 

補足

インフュージョン方式では

仕込槽をガスで加熱して仕込むため、

仕込槽だけとなる。

 

仕込釜と仕込槽を必要とするのは

デコクション方式である。

 

麦汁ろ過では、第一麦汁で

酸(主にアミノ酸)などが抽出され

マイシェに含まれる酸が少なくなる。

pH値は酸性なほど小さい数値で、

アルカリ性に近くなると大きい数値と

なる。酸が少なくなるとpH値は最大の

11 に近づく。第二麦汁は高い数値に

近づくのである。

 

珪藻土とななんだ?

珪藻土 - Wikipedia

珪藻土の最大の用途は濾過助剤である。吸着能力は低く、溶液中に溶解している成分はそのまま通し、不溶物だけを捕捉する性質がある。そのため珪藻土単独で濾過する事は稀で、フィルターに微細粉末が目詰まりしてしまうのを防ぐためにフィルターの手前において微細粉末を捕捉するのに用いられる。』

Wikipedia先生のこの文

書いた人は、良い。

非常にケークろ過の意味を

明解にしてくれる。

 

いわゆる、ドライホッピング

ビールの定義問題は、

平成 29 年度税制改正による ビールの定義の改正に関するQ&A

問1‐11に記載されている

内容の通りとなる。

なんだか謎だが、発酵前なのか

発効後なのかが本国においては

重要らしい。

 

面倒くさい話を捨てて考えるとどうやら、

”全ての原料を入れた後”に主発酵といえる

アルコールの生成(アルコール度数の増加)の

工程がないといけないそうだ。

 

いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

ドライホッピングはバリバリやってくれ。そして、おいしいNEを日本でもたっぷり造っておくれ、以上。

 

参考文献

 

関連問題

 

 

第7回 日本ビール検定 1級 試験 020~021の解説

020~021

 

雄山羊に関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

 

020 

仕方がないので箇条書きで

問題の要点を書く。

 

ドイツ

アルコール度数が高い

若い雄山羊

 

これらから想像できる

スタイルの発祥の地域を

地図の記号から選ぶ問題。

アインベック Google マップ

 

021

上のスタイルの内のひとつ

祭りのためにつくる

爽やかでスパイシーなビール

開催される月が名前に入る

 

5月

→ 3月、7月、9月は間違いX

 

 

補足

020の問題は他の選択肢の位置は

たぶんケルン

たぶんバンベルク

たぶんミュンヘン

全て位置が大体なので、

ケルンなのか、デュッセルドルフ

ドルトムントなのかは不明。

ミュンヘンだけ位置が特に変)

 

スタイルはボックのこと。

 

021は5月のボックということで、

マイボックのことである。

 

いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

原文の問題でもこんなにぼかした解答になるのは珍しい気がする。うーん、そんな気がするだけか?

 

参考文献

 

関連問題

 

 

第7回 日本ビール検定 1級 試験 019の解説

019

 

ビール純粋令に関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

 

EC発足を契機に改正が

進められた、良い。

 

大麦麦芽のみ使う場合は

下面発酵酵母の使用が

定められている、良い。

 

ドイツ国内で生産され

ドイツ国内で消費される

ビールに適用される、良い。

 

ドイツに輸入された

ビールには適用されない。

→ 適用されるは間違いX

 

 

補足

1985年時点では、ビール純粋令は

輸出向けビールにも適用されていた

ことが資料に記されている。

 

 

輸入されるビールにも

適用するのはバカげた話ね。

 

もし適用された際、大麦麦芽以外を

使用したビールはどういう扱いを

受けるのか謎なのである。

 

表記がビールではなくなるの

だろうか。輸入できないでは

文面の「輸入された」と矛盾する。

 

余計なロジックで答えがわかって

しまうという問題だったりする。

 

いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

あれ? つい最近もビール純粋令についての問題の記事を書いた気がする。いや、あれは小麦に関する問題か。

 

参考文献

『みんなで乾杯! ビールを楽しむ本』 T&T情報センター 新潮文庫

ビール純粋令 - Wikipedia

 

関連問題

 

 

第7回 日本ビール検定 1級 試験 018の解説

018

 

オリオンビールのCMに関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

 

沖縄出身以外では初めて

楽曲が起用され、出演した

アーティストはケツメイシ

リップスライム

  BEGIN

  エレファントカシマシは間違いX

 

 

補足

なぜだか知らないが、

オリオンビールに関する問題は

CMの問題が多い。

これは調べなくてはならない。

 

いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

すみません、エレファントカシマシが好きなので、選んでしまいました。冷静に考えれば違うよなぁ。そう違うよなぁ。でも、誰?エレカシ選択肢に入れたの。

 

参考文献

okinawa-repeat.com

オリオンビール ORIONBEER

オリオンビール - Wikipedia

 

関連問題