びあけん1級対策委員会

日本ビール検定1級合格のための対策委員会

第2回~第7回の解説を終えて

ちょうど、この回を調整すると

次の回から、第8回の解説が

1月1日からの記事になる・・・・・・

そんな打算的な思惑である(笑)

 

ここで、びあけん1級について調べてみた。

 

第2回 日本ビール検定から1級の試験は

始まり、現在では第8回まで実施している。

 

総合格者数は94人・・・・・・

総合保有者数は79人である。

 

???

 

謎ですよね、どこにこの意味の違いがあるか。

これは複数回合格者がいるということである。

94 - 79 = 15 になる。

15回ほど重複合格になる。

 

さてさて、

公式の情報でわかるのは、

北海道の男性が 計5回合格 重複分4回。

(びあけんの神と呼ばれてる人、毎回主席)

北海道のBeerBar亭主 計2回合格 重複1回。

ビールジャーナリストの方 計2回合格 重複1回。

ジャパン・ビア・タイムズの方 計4回合格 重複3回。

 

9回分はわかる、6回分は要調査。

 

ここでですねぇ、

1級全受験者から、重複合格者の合格数15を

引いて、未びあけん1級保有者の合格率を

出してみたい・・・・・・

(総合格者数から15引いて、総受験者からも15引く)

 

全合格者数による合格率は

1級総受験者数1696人

総合格者94人 94 ÷ 1696 × 100 ≒ 5.54 %

だけども、非びあけん1級保有者の合格率は

(94 - 15)÷ (1696 - 15)× 100 ≒ 4.70 %

 

ありゃりゃ、めっちゃ低くなっちゃった(笑)

とはいえ、これが純粋な難易度のように思える。

まぁ、保有してる人の再度の合格、重複合格を

みたらそりゃ合格率、上がっちゃうからなぁ。

(すでに合格している人が次回不合格になる数は

  計算に含まれないのだけれど、笑)

 

4.70 %

これは合格したら、自慢だなぁ。

 

ところで、合格したときのメリットは?

・ビールの知識に保証がある。

・1級合格者と知り合いになり、

 凄いビール仲間ができる。

・秘密の新年会があるらしい。

・知識のアップデートになる。

・たまにメディアの呼ばれることがある。

・端田顧問と会えるらしい・・・・・・

 

秘密の新年会・・・・・・

1級チャレンジャーが憧れる、秘密の新年会!!

 

いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

前人未踏の100点満点、人生の内、誰かしら達成するのだろうか・・・・・・ 楽しみにしている。びあけん神が1番近いはずなんだけれど、出し抜いてみたくもある。さてどう勉強すればよいのやら。