びあけん1級対策委員会

日本ビール検定1級合格対策のための委員会

第4回 日本ビール検定 1級 試験 005の解説

005

 

ビール企業の誘拐映画に関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

実際に起こった

ビール企業経営者の誘拐事件を

モデルにした2015年6月の映画は

ハイネケン 誘拐の代償』である

カールスバーグ 誘拐の代償

  ギネスビール 誘拐の代償

  バドワイザー 誘拐の代償は間違いX

 

 

補足

ハイネケンはどんな企業か。

1864年オランダに創業

創業者は

ジェラルド・A・ハイネケン

(化学博士である)

 

実は

ホイベルグ醸造所を買収して

創業している。

 

日本で飲まれているハイネケン

通称グリーンボトルで1973年に

開発されたものである。

 

ハイネケン酵母は特別な酵母

A酵母と呼ばれている。

1886年に開発)

 

1933年禁酒法が解除された

アメリカに行ったのが

この映画に出てくる、

2代目社長のフレッド・ハイネケンだ。

 

ハイネケンのパッケージの

eの字は右上がりで笑顔のように

見えるためスマイルeと呼ばれるらしい。

 

いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

実はハイネケン、かなり思い出のビールです。わからない時はハイネケンを迷わず選択します。ハイネケンの缶はよくデザインが変わります。どうでもいい話ですが、僕は2011年のデザインが今のところ1番好きです。

  

参考文献

ハイネケン誘拐の代償 - Wikipedia

Heineken® - USA

ハイネケン|ビール・発泡酒・新ジャンル|商品情報|キリン

『みんなで乾杯! ビールを楽しむ本』 T&T情報センター 新潮文庫

『ゼロから始めるビール入門』 小田良司 株式会社KADOKAWA

雑誌『e‐MOOK ビールがわかる本』 宝島社