びあけん1級対策委員会

日本ビール検定1級合格のための対策委員会

第3回 日本ビール検定 1級 試験 036の解説

036

 

戦後に関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

サッポロビール」「エビスビール」は

発売を中止していた時期があった、良い。

 

宝酒造の参入は

サントリービールが再参入した翌年は

間違いX

 

1972年アメリカから沖縄の施政権が

返還。翌年オリオンビールが発売は

間違いX

 

キリンラガーが生ビールと表示したのは

1978年のことであるは間違いX

 

3つが誤り。

 

(内容に該当するものが

いくつあるか選択する問題。)

 

 

 補足

忘れやすい内容だが、

現在のサッポロビール株式会社は

戦後、過度経済力集中排除法により

1949年、大日本麦酒から日本麦酒となり、

朝日麦酒と別れる・・・・・・

 

そのため、

「ニッポンビール」のみ販売していた。

 

1956年にサッポロビール

北海道限定で復活

1957年に全国販売

 

1964年に社名を

サッポロビールに改称

1971年にエビスビール復活である。

 

タカラビール発売と

沖縄ビール創業は同い年の1957年。

沖縄ビールはオリオンビールの前身。

1959年に改称している。

宝酒造はキッチリ10年で撤退。

覚えやすい。

 

生ビールは面倒な問題。

サントリーが純生を出したのが

1967年でした。

生ビール論争が勃発します(笑)

 

サッポロびん生は

1957年からあるが、

全国販売は1977年。

 

 1979年

公正取引委員会が生ビールを

熱処理をしていないビールと定義。

(生ビールが何かをこれで覚えてください)

 

キリンラガーが生ビールと表示したのは

1996年のこと。DO! LAGERである。

 

いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

むむむ、意外と使えるページを発見。難しくなく非常に読みやすい。

会社を知る|新卒採用|アサヒビール

 

参考文献

1957年 復活「サッポロビール」 | 歴史・沿革 | サッポロビール

1977年 「サッポロびん生」の発売 | 歴史・沿革 | サッポロビール

『ゼロから始めるビール入門』 小田良司 株式会社KADOKAWA

タツミムック 日本ビール缶大全』 長谷川正人 2019年 辰巳出版株式会社