びあけん1級対策委員会

日本ビール検定1級合格対策のための委員会

第3回 日本ビール検定 1級 試験 017の解説

017

 

「バートン・オン・トレント」に関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

 トレントは河川の名前、良い。

 

軟水を硬水化するのを

「バートンナイズ」と呼び街に由来、良い。

 

イギリス本島の中部、バーミンガム付近、良い。

 

ロンドンではない。

→ ホジソン考案のインディアペールエール

 発祥の地は間違いX

 

 

補足

 本によっては

バートン・アポン・トレントって

表記だったりします。

 

ジョージ・ホジソンさんは

ボウ醸造所にいたらしいと

ウィキペディア先生はいう。

 

本によっては18世紀末にホジソンさんが

インディアペールエールを作りました、と

あるが、怪しいっていってる本もある。

もはや謎・・・・・・

 

ペールエールとインディアペールエール

ペールエールにホップを足した派と

インディアペールエールから

ホップが減っていった派がいて意味不明。

はっきりしろぜい。

 

IPA問題については下のリンクを

参照下さい。

びあけんテキストでは、

ペールエールは1697年で年数指定。

 

端田先生は、

インディア・ペールエールを

1790年以降としているため、

びあけんでの考え方は

ペールエール

→ インディア・ペールエール

としておきましょう、とりあえず。

(ビールの資料名物 情報がそれぞれ違う現象)

 

いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

 ペールエールの資料って結構あるけど、年代あやふやでよくわからないのです。テキストは、はっきりとペールエールの登場年数を書いてるけど何の資料か知りたいでごあす。

 

参考文献

『ビール世界史紀行―ビール通のための15章』 村上満 筑摩書房

インディア・ペールエール - Wikipedia

『今飲むべき最高のクラフトビール100』 マーク・メリ、長谷川小次郎

株式会社シンコ―ミュージック・エンターテイメント

雑誌『ビール王国』 Vol.17 2018年1月18日 株式会社ワイン王国

『ビールの世界史こぼれ話』 端田晶 ジョルダン株式会社

 

関連問題

第2回 日本ビール検定 1級 試験 021の解説 - びあけん1級対策委員会