びあけん1級対策委員会

日本ビール検定1級合格対策のための委員会

第2回 日本ビール検定 1級 試験 014の解説

 

014

 

ビールの消費量に関する問題だったのだ。

(無断複写・複製・転載することは~、以下略。問題は詳しく書けない。ごめん)

 

清酒の消費量を超えたのは何年代か。

昭和30年代である。

→ 昭和20年代、40年代、50年代は間違いX

 

冷蔵庫の普及とともに

消費が伸びたことを覚えておくと良い。

 

消去法でいくと

昭和20年代では終戦後のため

生産は厳しいと判断できる。

 

昭和40年代では

ドリフの時代

和田アキ子デビュー

大阪万博があったりする。

 

この時代には

もうかなり近代的で

ビールは生活に馴染んでいたといえる。

麒麟麦酒がシェア60 %であることを

考えると選択肢から消去が妥当・・・・・・

 

CMでは

男は黙ってサッポロビール

1970年(昭和45年) に三船敏郎が起用され、

今でも時々耳にする言葉が生まれた

時代だった。

 

昭和50年代は

選択肢としてあり得ない。

 

 

 補足

 僕は実は、昭和40年代が正解だと思っていた。

 

ちなみに、

清酒の最大消費量が

1973年(昭48)で約1,700,000 klで

現時点最新テキストのP119の表では

1963年(昭38)時点で

ビールは約2,000,000 klをとっくに

越してしまっている・・・・・・

 

 

  @いいんちょーの今日の「ひとこと」

どうもいいんちょーです。

ビールの消費量を探すのは簡単だったんだけど、

日本酒、清酒の消費量探すのは難航した。

答えの正当性を探すのに大変苦労した。

問題を検証するのに難しいものを

誰が事前に勉強して知識として持っていたのだろうか・・・・・・

 

 

  参考文献

国税庁 酒のしおり(平成19年3月)

冷蔵庫 - Wikipedi

ビール広告の歴史 (1)|酒・飲料の歴史|キリン歴史ミュージアム